糖尿病になる前の心構えで大きく変わる


糖尿病と合併症について知る

糖尿病の問題は合併症上を引き起こし、慢性的で完治しない厄介なところでしょう。

例えば、糖尿病性神経障害は、体の抹消神経の異常により、足のしびれや知覚障害、眼筋麻痺、立ちくらみ、心電図異常、足の神経性腫瘍が出来てしまう事があります。

知覚障害や神経麻痺に関していえば血糖値のコントロールにより改善されるらしいのですが、糖尿病自体は一生重みを背負う必要があります。

また、海外に赴任するなどの、過度のストレスの掛かる環境では突発的な症状が現れる事も否定できず、注意が必要です。
また、糖尿病では、動脈硬化が起こりやすくなります。

その理由は、糖尿病による糖質の代謝の異常から起きる事なのですが、狭心症や心筋梗塞を患い、苦しい体感を得るかもしれません。

狭心症や心筋梗塞は糖尿病においての、合併症の1つであり、心筋梗塞ではばったりと倒れて命を落とす可能性もあるので、注意が必要です。

また、例えば、200から300メール歩いただけでも、足に痛覚を感じたり、歩行がほぼ不可能になるが、休憩と同時に回復するようであれば閉塞性動脈硬化症が始まっているかもしれませんし、さらに症状が悪化すると歩行自体も困難になる可能性があります。

場合によっては、下肢の切断を止む得なくなる場合もあるのだとかです。

参考ぐらいに述べさしてもらうと、糖尿病患者による正常な体の状態は、血中の総コレステロール値200mg/dl以下、中性脂肪は150mg/dl以下に抑えるのが良いとされているらしいです。

参考程度ですので、主治医と相談の上で確認方法を練る事が大切ですので、ただ覚えておくだけで良いですけどね。

また、糖尿病の合併症のもう1つに白内障もあります。

次第に視力が弱まり、眼底内が高い網膜症を引き起こしているのであれば、完治は難しくなる程に厄介だと言いますから、普段から検査をする事を心がける必要があると言えますでしょう。

 
 

糖尿病の三大合併症

 
糖尿病の三大合併症である『糖尿病性網膜症』『糖尿病性腎症』『糖尿病性神経障害』には注意が必要であります。

糖尿病の治療を疎かにしておくと、5年もなく10年ほど経過すると、症状が発生する可能性がありますからね。

そもそも糖尿病とは、ブドウ糖を促進させてくれるインスリンというホルモンの異常により起きる病気なのですが、問題なのはブドウ糖が欲していない代謝の経路にブドウ糖が侵入してくる事にあります。

当然、ブドウ糖があってはならない代謝の経路にあろうものならば、体に異常をきたし、それが3代合併症の引き金になるようですね。

体の中であってはならないところにブドウ糖が出現、そして淡白やグリケーションと、あってはならない結合する事により起きるのが糖尿病性腎症と糖尿病性網膜症です。

そして、その症状が神経から出たのであれば、糖尿病性神経障害だと言えますでしょう。

糖尿病は早期発見が鍵を握りますので、自覚症状がない事が問題ですが、医師に掛かり適切な治療を施す事が大切になります。

医師に掛からずに放置しておくと、取り返しのつかないところまで進行している可能性がありますので、注意が必要であります。

糖尿病性網膜症と糖尿病性腎症の説明を行ないます。

通常の網膜症では眼球の神経の血液障害が、血管外に漏れる事がない一方で、糖尿病性網膜症は可能性が存在しております。

気をつけて欲しいのは、突如として視力を奪われる可能性のある増殖性網膜症でしょう。

突発的な症状が見られるのは恐怖で仕方ありませんが、とりあえずは医師の下で眼球の検査を行い、自分の体の事をしっかりと把握する必要がありますしょうね。

糖尿病性腎症は、そもそも腎臓は血液の濾過が主な用途ですが、血液が損害されると、濾過機能に損害を招く可能性があります、それにより『尿毒症』という病気を引き起こす可能性もあり、注意が必要です。

尿毒症は末期腎不全の意味にあり。

腎臓が極めて深刻な状態である事を意味しますよ。